社会保険労務士の収入

社会保険労務士の収入

社会保険労務士は、国家試験の中でも顧問契約を結ぶことができる資格なので、一度契約を行えば、ある程度の安定した収入が入ってくると考えられます。

平均年収は約500万円〜600万円程度と言われております。もちろん平均年収なので、人によっては、1000万円を越える人もいれば、200万ほどしか収入がない社会保険労務士もします。

独立・開業を経て、2・3年で500万円以上の収入を得れる方は、社会保険労務士として成功といえるのではないでしょうか。


司法書士になるには、まず国家試験に受かることです

司法書士になるには、国家試験に受かることが必要です。試験はまず7月に筆記試験が行われ、それに合格した人々を対象に、同じ年の10月に口述試験が行われます。

出願者はここ数年間は3万人以上で、そのうち実際に試験を受けるのが2万5千人程度、そして最終的に試験に受かるのは900人前後です。合格率は3パーセント未満ですので、かなりの難関ではありますが、それでも司法書士を目指して、何年も浪人しながら受ける人もいます。

また、他の司法関連の職についている人々が、その経歴によって司法書士資格を得る場合もあります。この場合は、裁判所の事務官や書記官、または簡易裁判所の判事や副検事といった人々が対象となり、後者の場合は、やはり口述や筆記試験に受かる必要があります。