社会保険労務士になるにはどうすればよいか、社会保険労務士の仕事内容など

社会保険労務士とは

社会保険労務士(しゃかいほけんろうむし、Certified Social Insurance and Labour Consultant)とは、労働関連法令に基づく申請書等の作成代行等を職業として行うための資格、またその職業に携わる者である。

「社労士」や「労務士」とも呼ばれる。ラテン文字で社労士事務所等の略称を作るときにはしばしば「sr」と置き換えられる。
(wikipediaより抜粋)


社会保険労務士になるには

社会保険労務士になるには、以下のいずれかの条件を満たした上で、社会保険労務士として登録を受けなければなりません。

社会保険労務士試験に合格した者・全科目免除者
毎年1回、厚生労働大臣が試験に合格することがまず第一条件となります。

次に、2年以上の事務経験を積むことが第二条件となります。これら二つをクリアしたものが、全国の社会保険労務士会が備える、社会保険労務士の名簿に名前を登録できます。登録終了後初めて、国に認められた社会保険路虫になるということです。

弁護士となる資格を得る
弁護士の資格を得れば、社会保険労務士試験を受験する必要はなくなります。